グラニースクエアのブランケット完成!全部で96枚のモチーフをつなげて作りました

グラニースクエアのブランケットをつなぎ合わせました!

グラニースクエア(Granny Square)のモチーフ編み・・・大量に編んだはいいものの、なかなか完成に至らず(汗)
グラニースクエアをたくさん編んでいます! DROPS で大量に購入したコットンヤーンを消費するために、グラニースク...

モチーフはだいぶ前に編み上げていてあとはつなぎ合わせるだけだったのですが、どうやってつなげようか迷っているうちにだいぶ時間がたってしまいました。いつものことです(笑)

モチーフは縦8枚、横12枚の合計96枚あります。

大きさは約100cm×65cm。ひざ掛けとしてちょうどいいサイズになりました。

めんどくさいけどブロッキングもしました!

ある程度形がついた後はラジエーターの上に置いておくと、乾燥が早い早い!w

ブロッキング後のグラニースクエア。上の写真と比べて、角がしっかり出ていますよね。

ブロッキングってめんどくさいけど、やっぱり仕上がりに差が出るな~と思いました。

これだけ多くの色を使うと、統一感を出すことはとても難しいと思うので、あえてごちゃごちゃな感じを生かすようにあまり考えずにつなぎ合わせました。

けど、ただつなぎ合わせただけじゃ面白くない・・・。

ということで、綴じ糸が見えない Invisible Seam ではなく、あえてかがり縫いをしてみました。

地味だけど、さりげないフレームになっていて気に入っています。

ボブル(ポップコーン編み?)をコーナーに編みつけてみたのですが、うーん、写真で見るとあんまりかわいくないかも。実物はもうちょっと可愛げがあります(笑)

ちなみにこのボブルはあとから編みつけるのではなく、かがりとじをした糸で同時に編みつけていきました。

本体の組み合わせが終了したら、周りの縁取りを編みます、

この部分、本体で使った 4pl の糸がなくなってしまったので、DK の糸で編みつけました。なので、若干サイズがあっていません(笑)

紫を最終ラウンドに使うことは決めていたのですが、それだけだとなんだか寂しい感じに。そこで、もう一段追加することにしました。

途中まで白で編んでみたのですが、ちょっと目立ちすぎてうるさい感じだったので、左のブラウンを採用。

本体がカラフルなので、落ち着いた色を使うことによって少しは締まって見えるようになったと思うのですが、どうでしょうか。

作り方は難しくはないのですが、時間がかかる作品だった^^; 飽きずに完成させることができてよかったです。

また、今回いろんな色を使った作品を編んでみて、私はカラフルな色遣いが好きなタイプなんだと改めて実感しました。

それに、ブランケットってあったかいんですね~!今回はコットンヤーンで作りましたが、毛糸で作ったらさらに暖かいのかも。

来年の冬用に今からウールで編み貯めておこうかな。(そしてまた毛糸が増えるw)

今回は糸の消費がメインだったのでいろんな色をたくさん使いましたが、次回作るときは使う色の種類をもう少し限定して、統一感があるグラニースクエアを編んでみたいと思います^^

グラニースクエア(四角モチーフ)の編み方を、写真と動画で詳しく解説します!【編み図あり】
糸始末が楽!初心者にも簡単に編めるグラニースクエアの編み方 グラニースクエアとは、かぎ針編みで編む正方形の編地のこ...

↑お気に入りのグラニースクエアの編み方を写真と動画で解説してみました。糸端の処理が簡単なので、ブランケットのように大量のモチーフが必要な作品に最適な編み方です。ぜひ参考になさってください^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。