所有している Knitpro の付け替え輪針の仲間が増えました!

だいぶ前(ヘタしたら1年くらい前かもw)のことですが、Knitpro の針を新しく購入しました。

購入先は、アメリカのニットピックスの公式ホームページ。イギリスまでは35ポンド以上のオーダーで無料配送してくれるとのことで、この機会にこちらでも手に入らない種類の輪針を購入しました。

・・・しかし、ここはイギリスです。配達済みのステータスになっているのに手元に届いておらず、実は違う人の家のポストに投函されていたというトラブルがあったのですが、紆余曲折を経てなんとか無事に発見することができてよかったです(汗)

今回購入したのは、靴下を編むためのDPN (Double Pointed Needles:五本針)と、 日本ではまだ手に入りにくい Majestic のシリーズや、短い輪針を購入しました。

パッケージデザインはひつじだまさんで以前購入したものと同じなので、見覚えがある感じでした。

まずは Majestic というカラーの針(上)と、Caspian Wood と言うカラーの針(下)こちらは40㎝用の短針です。

majestic には、私の大好きな色(特に紫と緑)が全部入っています!素敵♡ Knitpro の色がついている針には、日本でも手に入る Symfonie Wood と、緑の Caspian Wood、そしてこの Majestic がありますが、Majestic が一番好きです。

ただ、暗い色の糸で編むときは編みにくいかもしれない・・・と思い、Sunstruck Wood という竹の針に近い色の針も購入しました。

これが大正解!ほかの号数も買っておけばよかったと思ってるくらい。

見た目は竹の針のような感じですが、竹と違って滑りやすく、針先が鋭い点は、ほかのニットプロの針と変わりません。

ニットプロの針の編み心地が好きだけど、編地が見えにくいから柄が嫌だという方もいるはずなので、この針も日本でも買えたらいいのにな~。

特に竹の針に慣れた日本のニッターさんにとっては移行しやすいと思うんですけど・・・。どうでしょう、ニットピックスさん。(これを見てるわけないけどw)

そして、ニットプロの針の特徴のひとつは、このとがった針先!こちらの点も、どの種類でも同じでした。

しかし今回、このレビューをするために写真を撮っていて、びっくりしたことが一つあります。

それは、40㎝用の短針の長さが、日本で買ったものと違う!と言うことです。

この写真に写っている針、両方とも短針なのですが、Caspian Wood のほうが2㎝くらい短い!針先を測ったら、約7㎝でした。

一方の Symphonie Wood は9㎝弱。2㎝も差がありました。

7㎝でも編めないことはないのですが、やっぱり短すぎな気もします。特に針を握るように持って編む方には不向きかも。

襟口など、どうしても短い輪針が必要な時だけに使う用かな~。

ちなみに3つを比べるとこんな感じ。

それぞれ上から通常サイズ(12㎝)、日本で手に入れた短い針(9㎝)、今回手に入れた短い針(7㎝)

こうして比べてみると、7㎝のものがかなり短いことがわかります(汗)

そして大事なこと!付け替え輪針を使う時は、必ずこの Cable Key と言う針金でネジが緩まないようにしてから使いましょう^^;

ニットプロ(Knitpro)・付け替え輪針の正しい付け方。ただねじって装着するだけでは不十分です!
ニットプロ(Knitpro・knitpicks)付け替え用輪針の装着方法 イントロが長いので、使い方をすぐ知りたい...

こんな感じで、今回は新しく買った Knitpro ・付け替え輪針のレビューでした。

短い針の長さの違いにはびっくりしましたが、そのほかの針については大満足のお買い物でした♡

長くなったので、DPN(5本針)のレビューは次回にご期待ください!(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。