【Ravelry】DROPS Whispering Lace のショール、完成しました!

イギリス滞在中に編み上げていた DROPS Whispering Shawl が、ついに完成しました!

DROPS Whispering Lace (ショール)から学んだ、初心者がレース編みを編むための2つのコツ
レース編みは、気を付けながら編めば意外と簡単! DROPS と言う糸のブランドのフリーパターンから、Whisper...

このショールは、同じパターンのレースを2枚編み、両端に模様が来るようにつなぎ合わせるのですが、実は長さがちょっとだけ短かったことが判明したので、両サイドで5模様分くらい編み足しました。

しかし・・・・

いざ2枚のピースをつなぎ合わせようとしたところ、下から3模様目くらいで糸がびよーんと伸びている箇所を発見!( ゚Д゚)

前回の日記で「初心者でもレースを編むのは難しくないですよ!」なんて偉そうなこと言っていましたが、ここにきて初めの部分で編み間違えを発見したとは・・・情けない!

と思っていたら、この話には続きがあって・・・

なんと、その部分は「編み間違えではなく糸がつれていただけ」疑惑が!(;´Д`)

実際にその部分までほどいて編みなおしたのですが、今度こそつなぎ合わせたら、新たに糸が伸びている場所を発見してしまいました ( ゚Д゚)

これはさすがに戻れないだろ~と、泣きそうになりながら伸びた糸の周りの目をかぎ針で引っ張ってみると・・・元に戻りました!

そうなんです。単に糸が何かに引っかかって、引きつれていただけでした。

と言うことは、最初に解いた部分も同じく、どこかで引っ掛けてしまったためにできた引きつれだったのかも・・・。だって、目を落としている様子もなく、その後の段は普通に編めていて目数もあっていたので。

もしそうだったら、私はとんでもなく無駄な時間を費やしたことになるので、間違っていたことを祈るw(と言うのもおかしな話ですがww)

ちなみに目を落とした(疑惑)の部分がこちら。

裏側を見ると、糸を引っ掛けてしまったときのようにびよーんと糸が数センチ伸びているのですが、目が落ちている感じはなかったんですよね~。

赤丸で囲った部分が引き連れている部分です。

このときは間違いだと思って糸を手繰り寄せたりはせず、ここまで編んでいたものを・・・

ここまでほどいて、編みなおしました(泣)

それでも気合で編みなおし、やっと「2枚の編地をつなぎ合わせる」というステップに進みました。

パターンにはつなげる方法が書いてなかったので、「裏メリヤスはぎ」でつなぎました。

最後の段はガーター編で終わっていたので、「ガーターはぎ」がいいのかな?と一瞬思ったのですが、よくよくやり方をみてみると、「ガーターはぎ」は、一方の編地は表編み、もう一方は裏編になっている状態の編地をつなぐときに使う方法だと書いてありました。

私の編地は2枚とも裏編みで終わっていたので、ガーターはぎではなく、裏メリヤスはぎにしました。

↑線になっている部分がつないだ部分です。

構造上、この部分をシームレスにすることができないのでしょうがないのですが、ちょっと目立ちますね^^;

つなぎ合わせが出来たら、次はブロッキングです。

小さい作品はスチームアイロンを当ててブロッキングをしたりしますが、ショールなどの作品は、ウェットブロッキングで仕上げる方が多いみたいですね。(私調べw)

私がウェットブロッキングに使っている道具は、プレイマット?とまち針です。

今回編んだ Whispering Lace は長方形をしているので、直線のラインを出すのに役立つブロッキングワイヤーを使ってみました。

実はこのワイヤー、数年前にひつじだまで購入したものなのですが、三角ショールのブロッキングに使ってみたらやりにくかったので、お蔵入りになっていました(汗)

しかし今回改めて使ってみると、意外と使い勝手がいいことが判明。

端の目に等間隔にワイヤーを通して直線のラインを出すそうのですが、どうしても目が引っ張られる感じになってしまったので、まち針を併用しました。

ある程度乾いたら、ワイヤーを外してピンで最終的な形を作ります。

しかしここで、ショールが長すぎてマットに収まらないという問題が発生 (>_<)

仕方ないので半分ずつブロッキングして、何とか形を作ることができました。

↑下半分をブロッキングして、(本当は良くないだろうけど)ドライヤーで強制的に乾かした後は・・・

奥側をブロッキング。

こんな感じで何とか乗り切りました(笑)

そしてついに!Whispering Lace が完成しました~(≧▽≦)

完成まで長かった・・・・。(/_;)

ちなみにブロッキング前はこんな感じ。

言うまでもないことですが、レースはブロッキングまで終了してやっと完成ですよね。(どんな作品でも基本的にはブロッキングをしますが、特にレースは。)

模様の部分はこんな感じ。

Nupp というエストニアのレース編みの技法の部分も、ブロッキングをすることでふんわりとなりました。

レースは広げて光に透かした状態が一番きれいに見えるのかな~と思うのですが、写真を撮るのが難しくて断念w

縦180㎝・横66㎝の、思ったより大きいサイズのレースになりましたが、編み上げることができて満足です^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。