Brioche Knitting(イギリスゴム編み)のスワッチを編んでみました

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ブリオッシュ編みの編地で遊んでみましたが・・・

2色ブリオッシュ編み(イギリスゴム編み)で何か編んでみたくて、色々な技法を用いたスワッチを編んでみました。

ブリオッシュ編みでも当然、増やし目や減らし目をして複雑な模様を編むことができますが、今回は簡単に、まっすぐのパターンを編んでみました。

まず最初に編んだのはこちら。ただの2色のブリオッシュ編みですが、段の途中で色を変えてみました。

裏側はこんな感じ。

ちなみにこの糸、knitpicks のパレットと言う糸で色がお気に入りです♡

次はこちら。ブリオッシュ編み+ボブルです。

一番下の段のボブル3つが上手くいかなくて、違う場所でボブルを編んでみたらちょっとマシになりました。

普通のボブルとかポップコーン編みって、最後の段の目が中上になるように編みますが、ブリオッシュ編みの場合はそれだとあまり見栄えが良くなかったので、最後の段で一気に減らし目をしてみたらいい感じになりました。

ただ、普通のボブルより若干斜めになっている感じがいまいちですけど^^;

裏はこんな感じです。

ブリオッシュ編みの編地はリバーシブルになっていますが、この場合はボブルの部分が響いていて、こちら側を表にはしにくいかも。

そして最後は、ブリオッシュ編みとガーター編みを組み合わせてみました。

裏はこんな感じ。

こちらはボブルと違って、リバーシブルでも使えそうです。


ブリオッシュ編みの作品は、以前ロンドンのワークショップで購入したキットのマフラーを編んでみたことがあって、ブリオッシュ編みのふんわりした編み地がかなり気に入ったのですが、つかう毛糸を選ぶ編み方だな~と、今回のスワッチを編んでみて思いました。

どういうことかと言うと、単色の毛糸2色のみで編むと、なんだか単調であまり私好みの作品にならない!と思ったんです。

マフラーのように、いろんな色がミックスされた糸を使ったほうが、面白い作品になるのかな~と思いました。

あと、ブリオッシュ編みに関しては、模様編みよりシンプルな感じのほうが好きかも。

編んだスワッチから色々なことが分かったので、それを踏まえて、近いうちにスヌードを編みたいと思っています!

どんなふうにするかはなんとなく頭の中にあるので、それを実現出来たらいいな。

Brioche Knitting(ブリオッシュ編み・イギリスゴム編み)のワークショップ@ I Knit London
ロンドン、 I Knit London でのワークショップ体験記です。 毛糸屋さんのレポについてはこちらを...

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。