イギリスの刺繍とキルトの雑誌、”Cross Stitsch Crazy” と “Love Patchwork & Quilting”

前回に引き続き、イギリスのクラフト系雑誌です。

基本的に編み物以外の雑誌は守備範囲外なのですが、今回ご紹介するクロスステッチとキルトの雑誌はフリーマーケットで安く売られていたので、どんな内容のものなのかを見てみたくて購入しました。

まずは付録から。

最近はどの雑誌にも付録がついていますね^^;

編み物の雑誌にも、必ずと言っていいほど毛糸と針が付録になっています。正直あんまりいらないけど・・・(-_-)

クロスステッチのブックマークはいいとして、Quilters’ Roll Clips って何?と思ってググりました。

くるくる巻いた布をこのクリップでとめておくためのものみたいですが、どうしてそうする必要があるのかがいまだにわからない^^;

キルターさんの間では常識なのでしょうか?

謎は謎のままですが、とりあえずクロスステッチ本のほうから中身を見ていきたいと思います!

まずは表紙の写真にもなっている刺繍。

モチーフがすごくイギリスっぽいな~と思います。いや、アメリカンと言われてもわからないかもw

こんなのもありましたw

こういうキャラクターがたぶん Kawaii キャラクターなんだと思います。

うーん、なんと言っていいかわからない(笑)

正直に申しますと、この雑誌のテイストは好みじゃありませんでした^^;

気を取りなおして、キルトの雑誌に移ります!

こっちはなかなかいい感じかも♪

伝統的なキルトと言うより、モダンな感じの作品が多いかな?と思います。

こんなロマンチックな作品もかわいい。

こういう小物をちゃちゃっと作れるようになれたらすごく楽しいだろうなぁ・・・。

パイピング部分を見ただけで、ああもうめんどくさそう!って思ってしまうので作れる気がしません(笑)単に技術がないだけなのですがw


キルトも刺繍も、母親の影響で少しだけかじってみたことがあるのですが、私には向いていないことが分かって興味を持てずにいました。

でも、クラフト系の雑誌は守備範囲外のものでも見ていて楽しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

comments

  1. リサモリ より:

    こんにちは〜!
    イギリスでも雑誌は付録がスタンダードになっているんですね!
    クロスステッチ雑誌のカワイイキャラは、おしゅしだよ、という日本のお寿司キャラがいまして、それを参考にしたのかなと思いましたw
    イギリスのものはポップな色使いなものが多くて、ステキですね〜(^o^)
    雑誌いろいろ紹介してくださって楽しいです!

    年末はロンドンで年越しでしょうか?
    良いお年をお迎えくださ〜い♪

    • よもぎ より:

      こんにちは!明けましておめでとうございます^^

      そうなんですよ~!立ち読み防止策なのかな?と思いますが、
      個人的には中身を確認できないのでちょっとリスキーですw
      こちらの商品は雑誌に限らず、当たり外れが激しいので・・・(笑)

      おしゅしだよ、ググってみました。かわいいw
      クロスステッチの図案にお寿司のモチーフが出てくるとは、クラフト界もグローバル化が進んでいますね!(?)

      ところで、リサモリさんの最新記事で、M&Sのお皿のことを知りました~!
      とても素敵な柄ですね!ってか、日本まで配達してくれるんですね!すごい。

      私もお店でチェックしてみようと思います^^

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。