最近のミント―収穫して、ハーブティーにしてみました。(ハーブ育成日記・その4)

前回のミントの記事から3か月近くたってしまいましたが、その間にも、ミントは枯れることなく成長を続けていました。

写真は、前回の日記の時のもの。

こちらはその4日後の写真ですが、微妙に成長している気がする!

さらに4日後、角度が違うのであれですが、葉っぱが生い茂ってきました。

そしてこちらはさらに10日後。うーん、全体的に枝が間延びしています。

別の角度から見た写真です。葉っぱ自体は、1枚1枚が大きく育っていますね。

さらに4日後。あまり変化はありませんが、ここらへんで軽く剪定をすることにしました。剪定と言っても、やり方がよくわからないので適当に切るだけですw

ちょっとずつカットして・・・

摘み取った葉っぱは、ミントティーにしました。きれいな緑色です!

(ちなみに後ろにあるのは、Digestives と言うイギリスで有名なビスケットw おいしいです。)

そしてこちらは、剪定をしてから20日後。また徐々に葉っぱが生えてきました。

よく見ると、根元のほうからも新芽が!かわいいw

それにしても、1本のミントの枝から新しい枝が何本も出てくるなんて、すごく面白いです。挿し木で植物を増やしてきた経験は今までにもたくさんありますが、改めて植物の生命力の強さを実感しました。

ミントは成長すると花をつけるのですが、ほかのハーブと同様開花させてしまうと株が弱ったり、葉の香りが弱くなってしまうことがあるので、芽は摘み取ってしまいます。

そして、さらに20日後の写真がこちら。夏はやはり、成長が早いです。

そこで、今回は剪定と同時に植え替えもしてみました。

本来なら、植え替えには1号大きい鉢を使うべきなのですが、あいにくそんなものはここにはありません(泣)仕方がないので、土だけ変えることにしました。

ちなみに鉢底ネットなどももちろん持っていないので、前回植え付けるときはスーパーで買った玉ねぎが入っていたネットを使ったのですが、意外と、身近なものでも代用できるんですね!

上もカットしてすっきりした株になりました。

しかし・・・、やはり大きく育てるためには大きな鉢で育てる必要がありますね。葉っぱの大きさも、スーパーで買ってきたような巨大な葉っぱにはなりません。(あれはおそらく地植えで肥料もたっぷり与えてるからと言う理由もあるのでしょうが。)

本当はどんどん成長させてあげたいのですが、フラットの3階に住んでいるので庭なんてなく、この窓際 10cm ほどのスペースにおける大きさを考えると、これ以上大きく育てるのもちょっと難しいかなーなんて思っています。

それでも、たまにフレッシュなミントティーを飲めたり、お菓子作りの飾りに使ったりすることができるので、まあいっか!(笑)

ここまで育てば、枯れる心配はそうそうないでしょう!

あとは、ここから鉢の大きさをほぼ変えずにどの位大きくなるかを、観察していきたいと思います^^

弱ったイタリアンパセリを復活させるまでの道のり(ハーブ育成日記・その5)
TESCO というスーパーマーケットで、半額以下になっていたイタリアンパセリを買いました。 通常の値段でも...
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。