【イギリス】Hobbycraftーシュガークラフトから編み物の材料まで、手作りに関するものはここでほぼ全てそろいます!

今日は、イギリス全土に展開するクラフトショップ、ホビークラフトをご紹介します!

ホビークラフトはおそらく、「イギリスでクラフトショップと言ったらこのお店!」と言うくらいポピュラーなお店だと思います。

ロンドンでは中心部から少し離れた場所(Zone 2~3)にあるのであまりアクセスはよくないのですが、その分店内は広く品ぞろえも豊富です。

このホビークラフトの特徴は、なんと言ってもクラフトに関するものならほぼ何でも見つかるというくらい種類が豊富なこと!

シュガークラフト、編み物・縫い物・トールペイント・リースづくりの材料や子供用の工作キット・画材まで多岐にわたります。

特に、シュガークラフトに興味がある方には天国のような場所だと思います(笑)

このホビークラフトではウィルトンの製菓用品が豊富なのがうれしいです。

イギリスではスーパーでもシュガークラフトやお菓子作りの材料が簡単に手に入るのですが、スーパーの独自ブランド品だったり、イギリスの会社のものがほとんどなので、アメリカンなケーキを作りたい人やウィルトン社製品が欲しい方は、材料と道具の両方をここで買いそろえることができます。

グリッター(キラキラパウダー)のカラー展開もこんなに!

日本では食品として認可されていないため販売することができないものが多いそうなので、ここで手に入れるのもありだと思います!

私も愛用しているウィルトンの口金とカップラー♡

流行りの(?)3D口金?も発見!

ケーキボードも色や形が様々なものがたくさんありました。

毛糸のコーナーだって、負けていません!

両サイド一面に毛糸が所狭しと並んでいました。

アメリカのクラフトストア、Michaels とかもこんな感じなのかな?と思います。一度だけ行ったことがあるのですが、その時は毛糸に興味がなくて、まったく目に入らなかった^^;

実は今回ホビークラフトに来たのは、カレッジの先生にお勧めされたからなんです。

先生が持っていた糸を発見!

ご覧の通り、ホビークラフトオリジナルの、アクリル混合の糸が多かったかな・・・。

正直品質はそんなに高くないです。それでいてお値段もそこそこ^^;

でも 3 for 2(3つ買ってお値段は2つ分)みたいなものが多かったので、大量購入にはいいかもしれません。

この CARON と言う毛糸はここ以外でもよく見かけます。ポップな色がかわいい。

針は Pony と言うイギリスのブランドのものがほとんどで、Knitpro や addi のものは見かけませんでした。

他にも布のコーナーや・・・

キットのコーナー

リースづくりの材料

ステッカー

マスキングテープもあります!(海外では Washi-tape とも呼ばれたりしますよね^^)

お祭りのときとかにこういう子供たちを見かけます^^

まさかのタミヤ製品w ジオラマ用の材料かな?

世界堂でよく見かけました。

画材道具もたくさんありました。


ホビークラフトはこんな感じでした。お店の隅から隅までを見つくした後、探していたホットグルーガンを買って、お店を後にしました。

いろんなものを見たので少し疲れちゃったのですが、かなり見ごたえのあるお店でした^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。