美容師さんに教えてもらった、髪につやを出すために必要なストレートアイロン(ヘアアイロン)の条件

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ストレートアイロンを使って髪につやを出す方法

このブログは主に編み物やお菓子作り(+たまにガーデニング)がメインテーマになっているブログなのですが、だいぶ前に、愛用の100均のくしについての記事を書いたことがあります。

お気に入りの100均の櫛をご紹介します。これは私の中では最強のくしです(笑)
順調に行けば、来年から2年ほどイギリスで暮らす予定なのですが、向こうに行って日本を恋しく思うだろうことのひとつが...

これがなぜか多くの方に読まれているみたいで、私的にはとても意外な気分です(笑)このくしはいろいろ試してきたなかでたどり着いたものだったので、お気に入りのものを多くの方に知ってもらえているようで、うれしいです。

それと同時に、この記事がたくさん読まれているということは、髪についての悩みを抱えている方が多いのかもしれないと思い始めるようになりました。

そこで今回は、私がヘアケアに関して学んだことを、1つシェアしたいと思います!

ここで伝えたいことは、「髪につやを出すために必要なストレートアイロン(ヘアアイロン)の条件」についてです。

先程の記事にも書いたのですが、私の髪は剛毛・直毛・ボリューミーと言う三重苦に加えて、何もしないと艶がなくてパサパサしているという最悪の髪質なんです(泣)

なので、色々とヘアケア商品を試してきました。癖は少ないものの、艶を持たせるために縮毛矯正をかけていた時期もあります。

ただ、ヘアケアは即効性がないうえに、使い続けても劇的な変化はなかったし、縮毛矯正はやっぱり高いですよね。(針金みたいにまっすぐになりすぎるのも嫌でした。)

そこで最終的にたどり着いたのが、ストレートアイロンでした。

しかし、その時はあまり効果を感じることができず。(最初に使ったのは、中学生の時なのでもう15年くらい前ですw) 艶なんて全然でないじゃん!と。

その理由が分かったのは、高校・大学を経て社会人になったころです。

美容院に行ったとき、美容師さんに「ヘアアイロンを使ってもあんまり髪に変化があらわれない。」と言うような愚痴を言ったら、

「そのヘアアイロン、温度は何度くらいで使ってました?」

と聞かれました。

当時持っていたアイロンの最高温度は、確か170度くらいのものでしたのでそう伝えると、

「それじゃあ低すぎるね~。」と言われました。( ゚Д゚)

その美容師さんによると、ストレートアイロンを使って髪に艶を出すためには、180度から200度くらいの高温で使う必要があるそうなんです。

そのくらいの高温のほうが、1度ですっとのびるので、低めの温度で何度も延ばすより髪へのダメージが少ないというメリットもあるともおっしゃっていました。

そこで美容師さんからそのアドバイスをいただいてから、ストレートアイロンを新調しました。

そして、200度で使ってみると・・・以前は得られなかった艶が!!!(゚д゚)!このときはとても感動しましたw

ちなみにこの話を私が以前働いていた職場の同僚にしたところ、いつの間にか彼女の髪にも目に見えて変化が表れていました。

彼女は毎日ストレートアイロンを使っていたそうなのですが、以前の私と同じように、低い温度で何回もアイロンを当てるという使い方をしていたそうです。

私の体験談を聞いて高温で使ってみたとのことでした。

私は彼女からそのことを言われる前に髪がきれいになったことに気づいたので、目に見えた変化があったことは確かです!

美容師さん、ありがとうって感じw

愛用のストレートアイロン。海外でも使えます!

ちなみに、私がそのとき購入したヘアアイロンは SALONIA サロニア ダブルイオン ストレートアイロン SL-004S プロ仕様230℃ 海外対応 です。

特にこだわりがなく、アマゾンで調べたところベストセラーになっていて評判も良かったのでこれにしたのですが、安くていい買い物でした。

最初はストレートアイロンだけのほうを買ったのですが、イギリスで生活するにあたって、カールヘアを作ることもできる 2 way のほうを購入しました。(ちなみにイギリスでも変圧器なしで、変換アダプターのみで問題なく使えました。)

個人的なおすすめは 2WAY の方です。髪をはさむ部分が広いので、効率よく、きれいにストレートとにすることができます。

お見苦しい写真で申し訳ないです。(諸事情のため、1年以上カラーリングをしていないのでプリン具合が激しい (;´Д`) )それにしても、我ながらひどい髪だわw

完全に乾いた髪(ドライヤーで乾かしただけでスタイリングをしていない状態)に、200度の温度に設定したサロニアをあてたところ・・・

このくらいまで持ってくることができました!(笑)

私は今回スタイリング剤などは一切使いませんでしたが、(静電気が発生しているのが分かりますか?(笑))髪の保護のためにも、アイロン前にトリートメント的なスプレーかなにかを使ったほうがいいと思います。

また、アイロン後にオイルを塗ると、艶感が増します。私は例のごとく、椿油を使っています。

言うことを聞かない髪質の私にとって、このアイロンと100均のくし+椿油は神アイテムだったので、同じような悩みを持っている方は、ぜひこの方法を試してみてくださいね!

ただ、そうは言ってもやはり高温で髪を強制的にまっすぐにするので、ヘアアイロンを毎日使うと、髪は確実にダメージを受けることには注意が必要です。

毎日ではなく、特別な日にだけ使ったりしてあまり頻繁に使わないように気をつければ、手っ取り早く髪につやが欲しいときはいい方法だと思います^^

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。