玉巻きの簡単なやり方。ラップの芯を使う方法と、道具なしで作る毛糸玉の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

玉巻き器を使わないでかせを毛糸玉にする方法2つ

バルト三国で手に入れた毛糸は「かせ(Hank)」の状態の物が多かったので、そのままでは編み始めることができず、自分で毛糸玉(Cake)に巻き直す必要がありました。

私は玉巻き器(Ball Winder)を持っていないので手で巻くしかなかったのですが、実際にやってみると意外と簡単だったので、方法をご紹介したいと思います。

巻き方は2通りあって、道具を使って巻く方法と、指のみで巻く方法があります。

ラップの芯などを使って毛糸玉にする方法

まず最初は道具を使って行う玉巻きの方法です。

用意するもの

必要な道具は、ラップの芯などのある程度の太さと長さがあるものです。ちなみに私が今回使ったラップの芯の太さの直径は、約3㎝でした。

毛糸の量が少ない場合はもっと細いものがいいのですが、並太や中細で 50g 以上のかせを巻くときは、このくらいの太さがあったほうがやりやすいかなと思います。

後は、毛糸玉にするかせの状態の毛糸です。

かせになっている毛糸は、糸端が結んであるものと、別の糸で縛ってあるものがあるので、気を付けながら糸をほどきます。

かせは、絡まってしまわないように椅子の背もたれなどに引っ掛けておくのが一般的ですが、私は「体育座り」の時のように膝を片方だけ立てて座り、そこにかせを引っ掛けて巻く方が扱いやすいと感じました。

まず初めに、、ラップの芯の上部5㎜~1㎝くらいに1か所切り込みを入れます。

毛糸の糸端10㎝くらいを中に入れて、かせにつながっているほうの糸が外に出るようにして切り込みに引っ掛けます。

毛糸をぐるぐるとラップの芯に巻き付けます。大体20回くらい。

私は手前から後ろに向かって巻きつけましたが、向こう側から手前でも大丈夫です。

このあたりから形を作っていきます。

毛糸玉の左下から右上に向かって糸を巻きますが、このとき、ラップの芯も同時に、手前に回しながら糸が均等に巻き付くように巻いていきます。(逆の向きに巻いた方は、右上から右下に向かって糸を巻き、ラップの芯は向こう側に回します。)

糸がなくなるまでひたすら同じ方向に巻いていきます。

最後はほどけてこないように、2周分くらいの長さを残して写真のように巻き付け、糸端を入れ込みます。

こんな感じ。

芯から外したときの様子。芯がしっかりしているので、形がきれいにできます。

使う時は、中心の糸端を引き出して編みます。

道具を使わないで、指のみで巻く方法

指のみで毛糸玉を作っていきます。

こちらの動画を参考にしました。

巻き方は同じなのですが、私の場合、最初から親指に巻いてしまうとどうしても途中できつくなりすぎてしまうので、それを回避するために、4本の指を使って巻いています。

まずは、指3本を使って、ラップの芯の時同様、糸をぐるぐると20回くらい巻き付けます。

このとき、糸端は親指で押さえておくとやりやすいです。

ある程度巻けたら、使う指を人差し指と中指の2本に減らします。こうすることによって、糸玉をスムーズに動かしやすくなります。

ここも巻き方はラップの時と同じ。

そして、ある程度形ができてきて、しっかりとした土台になったら、親指に移して残りの糸を巻きます。ラップの芯の時同様、毛糸玉を反対方向に回転させながら行います。人差し指と親指で毛糸玉を挟むようにして繰り出すとスムーズです。

このときも、最初から親指に巻かなかったことで、穴にある程度余裕ができて動かしやすくなっていると思います。

糸が長ければ長いほどきつくなりがちなので、ぜひこの方法を試してみてくださいね!

この辺まで大きくなると、もはや親指の長さを超えてしまうので、私は親指と人差し指で毛糸玉を挟みながら巻いています。

この方法でできる毛糸玉は、ラップの芯を使った方法でできたものと比べて糸を引き出すときに若干引っかかりを感じます。見た目も、道具を使ったときのほうがきれいにできますね。

しかし、両方とも真ん中から糸を引き出すことができるという点では変わりがないので、思い立った時や余った毛糸をちょっとだけ巻きたいという時は、道具を使わないでできるのが高ポイントだと思います。

ちなみに糸の量が少ないときは、ラップの芯ではなくジャンボ針やペンなど、直径の小さいものを使ってください。そうしないと、玉になりませんw


かせの状態の糸を毛糸玉に巻き直すときだけでなく、少しだけ余った糸や作品をほどいて糸の状態に戻すときにこの方法を使うと、次に使う時扱いやすいので、私はこの方法をマスターしてからは、毛糸を巻くときはいつもこのやり方で巻いています。

何回か巻いてみるとすごく簡単なので、ぜひトライしてみてくださいね^^

おまけ・・・ラトビアで買ったかせもラップの芯を使って巻きました。200g 以上あったので、1時間くらいかかりました・・・。さすがにこのサイズは玉巻器を使ったほうがいいかもw これは時間のムダ (;´Д`)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。