緑茶とペパーミントの氷出しブレンドティー

氷だし緑茶ミントティー

スポンサーリンク
スポンサードリンク

緑茶とペパーミントの氷出しブレンドティーの作り方

水出し緑茶を作ろうと思ってネットを検索していたところ、氷だし緑茶と言うものの存在を知りました。

氷を使ってお茶を作るなんて思いつきもしませんでしたが、そんな方法もあるんですね!驚きです。

水や氷で時間をかけて成分を抽出することによって、お湯で作る場合に比べてカフェインが少なく甘味も出るので、暑い夏にごくごく飲むにはもってこいの作り方だと思います!

緑茶だけで作ってみても良かったのですが、昔買った賞味期限が切れそうなハーブがあったので、その中からペパーミントを選んで緑茶に混ぜてみました。

ハーブ

封も開けてないと言う・・・w

用意するもの

氷だし緑茶

  • 氷…300g
  • 緑茶…大さじ1
  • 乾燥ペパーミント…ティースプーン半分以下

注意点は、ペパーミントは多く入れすぎないことです。この写真をみると、入れるのはたったこれだけ?と思われるかもしれませんが、これでもちょっとペパーミントが強すぎると感じる人もいると思います。そのくらい、ペパーミントの清涼感は強烈です。

水出しブレンドディーを作るときに、懲りましたw

水出しブレンドティー

間違ってもこんなに入れないでください。鼻がスーーってしすぎますw

ポットに氷と緑茶の茶葉、乾燥ペパーミントを入れる

これだけですw

ふたをして、冷蔵庫に半日~1日入れておき、氷が解けた茶漉しで葉っぱを漉して出来上がりです。

冷蔵庫に入れて半日以上経ったもの

前日の夕方につくり翌日の朝に様子を確認したところ、まだ少し氷が残っていました。でも、お茶はしっかりと出来ています。

(しかし、ポット半分以上の氷を入れても、解けたころにはこんなに少なくなってしまうため、なんか見た目がしょぼい・・・w)

茶葉って、氷からでもちゃんと開くんですね!

味のほうは、まず最初にペパーミントの清涼感が鼻に抜けて、その後に緑茶の甘味が残る感じでした。一番ビックリしたのは、冷たくても味と甘味が十分に感じられる!ということ。

そして上にも書いたように、ペパーミントの強さはハンパないですwあんなにちょっとしか入れていないのに、はっきりと感じます。でも夏にはこのくらいがちょうど良いかも。

暑い夏は冷たいものが飲みたくなりますが、氷出し緑茶だったら(時間はかかりますが)簡単に甘味のあるお茶を作ることが出来るのでいいですね。またやってみよう♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。