『世界の編み物』から、編み物教室で初めて編んだ春夏用のカーディガン

2,3年前の世界の編み物に載っていたカーディガンを発見しました。身頃の長さがなぜかちょっと足りないので、せっかく編んだのに着る機会はありませんw めんどくさくても編み進める途中で、ちゃんと測りながら編まなくてはいけないということを学びました^^;

色々と改善点や満足がいかない点はありますが、編み物教室の先生の力を借りて、初めて編み上げだカーディガンです。

このカーディガンは、腕と裾の部分が若干フリルっぽくなっているのとても気に入ったので編もうと思ったのですが、身頃のゴム編みがちょっと大げさすぎました。特にこの色なので、意外と目立ちますw

でもそこがポイントでもあると思うので、そこは変えない方がいい気もします。

いずれにせよちょーーーっとだけ、デザインがミセスよりでした^^;世界の編み物自体がそうですよね。でも、ダークカラーのデニムパンツに合わせたら映えそうなカーディガンです。

編み方は簡単だけど楽しかった!メリヤス編みとゴム編みのいい練習になりました。^^

腕・身頃ともにフリルの部分から編んでいきます。フリルのパートを編み終わったら、一度にかなりの目数を減目すると、自然とフリルの形が現れます。

でもご覧のとおり、裾のメリヤス編みがくるんとなってしまうんですよね。これはしょうがないのかな?アイロンも一応当てたのですが、時間がたつとすぐ戻っちゃう。

この袖も、結構広がっています。私、こういうデザイン結構好きです。優雅に見えません?w 何か作業をするときは邪魔ですが・・・。

そして、肩のはぎ!!これも失敗しました。こちら側は成功したほうですが・・・

こちら側は見事に失敗!w

ヴォーグの課題のベストを編んだときは一発でうまくいったのですが、なぜだろう。やり直す気力がなかったのでそのままにしました。(糸が細いのでパーツを編むのに思いのほか時間がかかってしまい、組み合わせるころにはすでに作りたい意欲が薄れていたんですw)

そして、それはこのダサいボタンにもよく現れていますwww 色的にはぴったりですけど。

袖付けも先生の指示に従って行っただけなので、正直あまりやり方を覚えていません><

ごろごろしないように、綴じ代?を少しずらして留めるとおっしゃっていたような・・・。袖付けにもいろいろな方法があるんだな~、と思ったことだけは覚えています。

大きいウェア物はあまり編む機会がありませんが、また編みたい!と思うようなものとめぐり合えたら、編んでみたいといつも思います。今度はちゃんと着られる作品にすることが目標です(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。