イギリスの手芸教室 “Tea and Crafting” で、ケーキスタンド作りを体験したときのお話

イギリス 手芸教室

去年のイギリス旅行では、ロンドンで手芸教室のワークショップに参加しました。と言ってもプライベートレッスンだったので、先生とマンツーマンでしたが。

↓イギリス旅行についてはこちらの日記をどうぞ。イングリッシュガーデンや、悪名高い(?)イギリス料理、とっても美味しいイギリスのお菓子などについても書きましたので、是非ご覧下さい!

今回、イギリスに行ったらどうしてもやりたかったことのひとつが、クラフトのワークショップに参加することでした。

事前にロンドンの手芸教室をネットで下調べしていたところ、「ケーキスタンド作り」ができる教室を発見。詳細を聞くためにオーナーにメールをしたら、定期レッスンとしてはやっていないけど、プライベートレッスンだったらいいですよとのこと。

是非お願いしますと返事をし、レッスンを受けることになったのですが・・・なんと、レッスン前日になって「時間変更してくれない?」というメールが!日本人的な感覚からはちょっと考えられないw

幸い日程には余裕があったので、なんとかレッスンを受けることが出来ましたが。

カムデンタウン

教室は「ロンドンの原宿」と言われることもある(?)、「カムデンタウン」という駅の近くにあります。

カムデンタウン

カムデンにはこんな感じのお店がいっぱい。

tea and crafting

開いていなかったので、入り口でオーナーのJaneさんを待ちます・・・。(つーか、時間通りなのにまだいないと言うw イギリス人って、意外とルーズなの?)

tea and crafting

中を覗き見。しかしJaneさんはすぐに来ました。簡単に自己紹介と世間話をして、プレゼントを渡すと、早速ケーキスタンド作りに取り掛かります。

お皿

このお皿の中から、気に入ったものを2枚選び出します。

ケーキスタンド

ケーキスタンドといっても、自分で一から作る訳ではなく、お皿にドリルで穴を開けて、パーツを取り付けるだけなのですがw

ケーキスタンド

完成したスタンドがこちらです。露天で買った小さなカップケーキを乗せてみました。

本当は、上のお皿が下のお皿より小さいものが良かったのですが、適当な大きさのお皿がなかったので断念。でも、お皿の絵柄自体はすごくイギリスっぽいと思います。(Janeさんのお墨付きですw 私がイギリスって感じのものを作りたい!!としつこく主張していたら、これはまさにイギリスっぽいお皿よ!と言っていたので(笑))

ご覧の通り簡単な作業だったので、残りの時間はカップケーキを食べながらお話をしたり、教室の写真を撮らせてもらったりしました。

creativity is contagious, pass it on

これは教室の壁にかかれたものですが、「創造力は伝染する (contagious) から、多いに伝えていこう!」というアインシュタインの名言だそうです。こういう教室にはぴったりな言葉だと思う。

イギリスの手芸教室

ミシンも完備!あみぐるみの本もありました。

手芸教室

まさにイギリスのカントリー!って感じのセンス。大好きです。洗練されすぎていないところがいいんですよね(笑)

イギリスの手芸教室

どこを切り取っても可愛いの一言に尽きます。

ランプシェイド

帰り際、お土産のお返しとしてランプシェイドのキットを頂きました。

ランプシェイド

貰ったはいいけど、そもそもランプが部屋にないと言う・・・w


私のイギリスでのクラフト体験は、こんな感じでした。

ケーキスタンド作りはもちろんですが、教室のディスプレイを見るだけでもすごく勉強になりました。私の好みのものがたくさんあって、とても居心地が良かった。また行きたいな。

なんだか今日の日記はいつもにも増して自己満日記になってしまいましたが、こういうのが好きなのは私だけ???

そんなことはないと願って、写真をたくさんアップしました。楽しんでいただけたら嬉しいです。

↓こちらの日記にも、ちょっとだけ今回の体験が載っているので、あわせてご覧下さい。

ではでは。今日はこの辺で!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。