作り目の重要性ーーー何事も、はじめが肝心です(笑)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

作品の出来は、作り目にかかっている!

というのはさすがに言いすぎかとは思いますが、今回は、速く編むために、そしてふんわりと編み上げるためにも必要な作り目について、気づいたことを書きたいと思います。

「作り目は緩めに」の意味

皆さんは、一般的な指でかける作り目の時、どのような作り方をしていますか?

棒針二本で目を作り、最後に一本引き抜いて編みはじめるかたもいれば、編むのと同じ号数の針一本で作る方もいらっしゃると思います。

いずれの場合にせよ、特に指示がない限り、作り目は緩めにというのが、私が最近実感したことです

当たり前じゃない?と思われるかたもいるかもしれませんが、私はこれに気づくまで時間がかかった!(笑)

私の場合、緩く一定の大きさで作り目をすることが苦手なので、大きさを揃えるために針にぴったりとくっつくように、きつめに作っていたんです。しかも、同じ号数のもの一本で。

当然のごとく、2段目を編むときはきつきつですw 力をいれなきゃ針が入らない。速編みからは程遠かったです。

でも、針2本だと作り目が大きすぎる気がするし、先程言ったように、一本で緩く作るのも苦手・・・。

なので私は、3・4号大きな針1本できっちりと作り目をして、編むときに元の号数に戻すやり方にしています。(使用する糸にもよりますが、1・2号だと大して変わらなかったので、すくなくとも3号くらい大きめの方がよかったです。)

こうしてできた「緩めの」作り目にしてから、2段目を編むのが格段に楽になりました。太い糸や滑りの悪い糸を使うときには、特にそれを実感します。

そして、この作り目で編み始めた作品と、以前のきつい作り目のものを比べてみると、触り心地に差が出ているのを感じました。作り目がきついと、その後数段も編みにくくて締まった編み地になりやすいためだと思います。(小さくなりやすくもあります。)

このように、良い作り目をつくることは、編みやすさを向上させ、それが結果的に編み地の状態のよさにつながるのだと確信しました。

なので、ただ単に作り目をするのではなく、良い作り目を作ることに気を配ると、より編みやすく、仕上がりの良い作品を作ることができると思っています。

そんなわけで今日は、昨日から引き続いてアメリカ式で速く・ふんわりと編むのに必要な作り目のお話でした。

人によって手加減は異なるので、皆さんも是非、自分に合った編みやすい作り目を作る方法を探してみてくださいね!^^

後日追記:もっといい作り目の方法を発見しました!詳しくはこちらにまとめましたので是非ご覧ください↓

作り目の重要性・完全版。一番きれいな作り目の方法を発見しました!
一番きれいな作り目(指でかける作り目)の方法はこれです! だいぶ前、「作り目の重要性」と言うタイトルで、私の作り目...

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。