【イギリス】ロンドンの手芸屋さん巡りーbunty wool shop

John Lewis, Liberty を経て、私が最終的にたどり着いたお店が、Bunty Wool と言う毛糸屋さんです。いや、正確に言うと、家具屋さんの一角にある毛糸コーナーです。

このお店こそ、私が探してたお店でした。日本でいう、「普通の手芸屋さん」みたいな感じ。Liberty みたいに高級品を扱うばかりでなく、ごく普通の毛糸も取り扱ってる毛糸屋さん。しかも、種類が本当に豊富でした。

展示されている家具をすり抜けて一番奥のコーナーまでたどり着くと、本当にこじんまりとした毛糸売り場が現れます。

このお店は主にイギリスのブランドの毛糸を取り扱っています。品ぞろえがとにかく豊富です。写真をご覧いただくとわかるように、棚に収まりきらないくらい!(笑)

セール品もちらほら。

個人的にすごいと思ったのが、この毛糸です。

この写真じゃ伝わらないかもしれないのですが、普通の毛糸の3~5倍くらいの大きさなんです。お値段は9ポンドちょっとでした。

日本ではなかなかこのサイズって見かけないですよね。

毛糸ブランドのカタログやパターン、編み物の道具などももちろん売っています。

ちょっとレトロな気もしますw

ボタンもこんなにたくさん!いくつか購入しました^^

ところで、このお店のオーナーはインド系?の、親切なおじいさんです。ブログ用に写真を撮っていいか聞いたら、好きなだけどうぞと言ってくれて、どの糸を買おうか悩んでいると、色々と糸について解説してくれました。

一つ、Sirdar と言うブランドの糸ですごーく素敵だと思ったものがあったのですが、おじいさんいわく、シルクとバンブーでできてるそう。

でもお値段を見てびっくり!1玉約8ポンド(=1100円くらい)

さすがに何を編むかも決まっていないうちに手を出すには、私にとっては高級すぎるw 「すごい素敵~」とか言いながら、棚に戻したww

でも、本当に魅力的な糸だったので、次に行ったらおじいさんに何を編んだらいいか相談して、買ってみようかな。

お店はロンドン中心部からちょっと離れた Ealing Broadway station から、歩いて10分ちょっとのところにあります。バスも出ているので、バスに乗っていったほうが早いかも。

ホームページはこちらです。about bunty をざっと読んだら、日本からもオーダーしてる人がいたんですね!驚き。

ロンドン在住のニッターさん、機会があれば尋ねてみてくださいね^^

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。