Kitchener Stitch (メリヤスはぎ) を正しく行うための私なりの方法

Clara Cowl で Kitchener Stitch (メリヤスはぎ) のやり方を覚えましたが、その際疑問に思ったことや、こうしたらやりやすいと思ったことを、備忘録として書き留めておこうと思います。

メリヤスはぎは針から目をはずして行う方法もあるのですが、個人的には針に目を残したままのほうがやりやすいです。

特に、この動画は一番分かりやすいと思いました。↓

Tapestry Needle (とじ針) に糸を通して、最初にメリヤスはぎをするための “set up” をします。手前の針の最初の目に針を右から左に入れ、奥の針の最初の目に左から右に向かって針を入れます。この時点ではどちらの目も、針からはずしません。

この、針を入れる向きの言い方ですが、英語では Knitwise, Purlwise と言うそうです。knit は表編みのことなので、knitwise は表編みを編む方向に、purl とは裏編みのことなので、purlwise は裏編みを編む方向に針を入れるのです。これって日本語にはない、すごく明快で便利な表現じゃないですか?

なので、英語ではメリヤスはぎをするときに、Knit Purl, Purl Knit…..と心の中で繰り返しながら行うといいそうです。私もこれにのっとって行ってるのですが、針を入れるとき Knit, Purl を1セットとして、2目いっぺんに入れています。そして、それぞれのセットの最初の1目だけ針からはずすということも覚えておくと、とてもスムーズに行えるようになりました。

ここまでのことを踏まえてやり方をまとめると、

  1. それぞれの針にかかっている最初の目にだけ、「Purl, Knit」の方向で糸を通す。(このときは針から目を外さない)これがメリヤスはぎの”Set Up”になります。
  2. 次は、1で糸を通した目に再び糸を通すところから始めます。「自分から見て手前側の針にかかっている2目には、「knit, purl」の順で、奥側の針にかかっている2目には、「Purl, Knit」の順に針を入れる。」と覚えておくといいと思います。それぞれの針にかかっている最初の目は、糸を通したら針から外すのもお忘れなく!後はこれの繰り返しです。

また、Kitchener Stitch は、靴下のつま先をはぐときに使われることもあります。

この動画では、先ほどの動画で行っていた “set up” を行わずに、いきなり Knit Purl, Purl Knit….に入っています。(ちなみにこの人はknit off purl, purl off knit と言っていますね。)

なぜ?と思っていたら、コメント欄で同じ疑問を持った方が質問していました。それによると、「輪になっている作品をメリヤスはぎするときは、set up (この方は “prep”; 準備と表現しています)は必ずしも必要ではなく、平面のものをはぐときは必要」だそうです。なるほど。

靴下を作るときの参考にしようと思います^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

comments

  1. ciao より:

    とても勉強になりました!
    ありがとうございます♡

    • よもぎ より:

      ciao さん

      メリヤスはぎ、一度針の動かし方を覚えてしまったら
      簡単ですよね!

      お役に立てて何よりです♪

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。