私と編み物-編み物をはじめて教わってから、興味を持つまでに20年近くかかりました(笑)

tea cosy

自己紹介以外の、記念すべき最初の日記は何にしようか考えていたら、いつの間にか日が暮れていましたw

よし!編み物のことにしようと思います!

このページでもちょっとだけお話したとおり、私にはじめて編み物を教えてくれたのは祖母でした。母も手芸が得意だったので道具や環境には恵まれていたのですが、そこまでどっぷりはまると言う事はありませんでした。小さかったこともあり、せいぜいマフラーを編むくらいでしたね。

あ、ひとつだけ覚えてるのが、小学生のとき爪楊枝で編み物をしていたことwジェニーちゃん(人形)のマフラーか何かを編んでいたのだと思います。

そんなこんなで初めて編み棒を持ってから20年近くが経った去年、編み物の楽しさを私に改めて教えてくれた出来事がありました。

イギリスに旅行をしたときホームステイをしたのですが、ホストマザーが編み物の先生で、彼女が主催する編み物教室に参加させてもらったのです。そのとき、編み物っていいな、と思いました。自分が作るのも楽しいし、人が作っている作品を見るのも楽しかった。

↓ホストマザーの作品

tea cosy

彼女が作る作品はイギリス人らしくカラフルで大胆でいながら、とてもかわいらしくて、「編み物=おばあちゃん」というイメージを覆すものでした。

この色使いとモチーフのアイディア(特にオレンジ色のいもむし!)は、日本人にはなかなか真似出来ないものだと思うのですが。ちょっとダサめ(いい意味でw)なところが可愛いと思います。

日本に戻ってきてからは、編み物教室に通ったり、ヴォーグの通信教育で編み物の講座を受講したりしました。(入門コースは終えたのですが、講師養成コースに全く手をつけてない・・・w今年中に終わらせる必要があるのに。)

↓入門コースについての日記を書きました

ヴォーグ社の「棒針編み〈入門コース〉通信講座」 効率の良い受講方法とは?

今は以前に比べて「編み物熱」は収まったのですが、定期的に何かを編みたくなります。しっかり趣味の一つとして定着しましたので、これからは腕を上げるためにたくさん編む練習をしていきたいと思っています。幸いなことに(?)毛糸はくさるほどあるので(笑)

ランキングに参加しています。
応援していただけたらとっても嬉しいです
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。