アイシングシュガーで作る、小さなバラの絞り方 その1

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アイシングクッキー用の、小さなバラの絞り方

お花絞りの中でも難易度が高いのが、バラ絞りだと思います。私はなかなか理想のバラを絞ることができなかったのですが、最近やっと、絞り方のコツをつかめてきたかな~という感じなので、書き留めておきたいと思います。

ちなみにケーキ用の大きなバラの絞り方は、私の中ではまたちょっと違ってくるので、今回はあくまでも小さめのバラの絞り方に焦点を当てたいと思います。

きれいなバラを絞るためのコツ

アイシングのバラは大体、中心、1段目の花びら(3枚)、2段目(5枚)、3段目(7枚)から作られていることが多いと思います。

私は、アイシングクッキー用にバラを絞るときは、3段目を絞らずに2段目で終わらせることが多いです。

どのバラを絞るにしても、重要なのは、中心の高さと、花びらの角度です。

これがバランスよく絞れていないと、微妙なバラになっちゃいます・・・。

たとえばこの写真を見てください。一番左のバラは、ちょっと立体感がなくてのっぺりしています。しかも、2段目の花びら(3枚)の角度を見てみると、花びらが開きすぎですね。これは、口金の角度が関係しています。

横から見るともっとわかりやすいかも。すべてのパーツが同じような高さです。

なので私は、中心を高く絞ることと、1段ごとに口金の角度を変えて花びらを絞ることを意識しています。

8枚の花びらでバラをコンパクトに表現するのって意外と難しくて、まだ完璧に納得できるバラは追求できていないのですが、とりあえずはこれでw

次回は、具体的な絞り方のコツを書きたいと思います。

アイシングシュガーで作る、小さなバラの絞り方 その2
アイシングクッキー用の、小さなバラの絞り方のコツ 前回お伝えしたように、私がバラを絞るときに大切だと考えているのは...
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。