【動画あり】かぎ針編みのお花のモチーフ(+葉っぱ)の編み方。余り糸消費にも!

かぎ針編みで編む、お花のモチーフの編み方

以前アップした小さなお花のモチーフの編み方をご紹介します。

余り糸消費作戦!以前編んだ、かぎ針編みのお花のモチーフをたくさん編んでいます
コットンニィート(S)のあまり糸を使い切るために、いろいろと編んでいます。 こちらは、以前編んだお花のモチ...

このお花は、簡単に・すぐ編めてあまり糸の消費にも最適です。

花びらのパーツを編む

※全て5号のかぎ針で編んでいきます。

  1. スリップノットを作る
  2. 鎖編み10目を編んで、1目目に引き抜き編みをする
  3. 鎖編み11目を編んで、1目目に引き抜き編みをする
  4. 3を残り10回繰り返す(2.で作った花びらと合わせて、花びらが全部で11枚になるまで編む)
  5. 糸端を15㎝くらい残して切り、花びらのパーツの完成です!

花芯を編む

以前ご紹介したポンポンの編み方とほとんど同じです。

  1. 鎖3目編む
  2. 最初の目に、未完成の長編み4目を編む(針には5目かかった状態になっている)
  3. 5目一度をして、再び1と2を繰り返す
  4. 1で作った一番最初の鎖編みの目に引き抜き編みをして、丸い形にする
  5. 鎖を1目編み、糸を引き抜いて出来上がり

糸端を少し長めに残しておくと、花びらと合わせるときにやり易いです。

花びらと花芯を縫い合わせる

花びらと花芯ができたら、両方を縫い合わせます。

花びらの表側を見ながら、花芯を縫い付けていきます。

花芯の長編みの下の部分と、花びらの、縦線のようになっている部分を縫い合わせ、最後に糸を絞って花芯が半円になるような感じにします。

糸始末をして、お花の完成です!

葉っぱの編み方

  1. 鎖編みを5目編む
  2. 針から3目目の半目に細編み、次の半目に細編み2目、その次に細編み1目、その次の半目に引き抜き編みをする(ここまでで葉っぱの半分が完成)
  3. 最後に編んだ目と同じ目から、もう一度引き抜き編みをして、その次の半目に細編み1目、次に細編み2目、最後の目に細編み1目を編む
  4. 葉っぱのトップの目に、糸を前にした状態で細編みを編む
  5. 鎖編みを2目編んで、葉っぱの真ん中のバーのような部分に引き抜き編み
  6. 鎖をもう1目編んで、葉っぱの一番下の部分にある目に引き抜き編み

モチーフの活用例

編んだモチーフと100均で購入したヘアゴムを組み合わせて、↑こんなものを作ってみました。

子供用のヘアゴムとしてどうでしょうか?

また、今回はコットンの糸(グラニースクエアを編んだ際に余ったコットンニィート(S))で編みましたが、ウールの毛糸で編むと↑こんな感じになります。

下に重ねる花びらを1号大きな針で編んで、2重にしてみました。

たくさん編んでリースにしたり、紐をつけてガーランドを作ったりしても楽しいです。

短時間に大量生産できる作品なので、ぜひ作ってみてください^^


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)