Cassandra に適したはぎ方が何か分からない(泣)

昨日の続きです。

引き抜きはぎをかぶせはぎと間違えていた私ですが、じゃあ引き抜きはぎをするにはどうしたらいいんだろうと思い、やり方を探していたら、次の二つの動画に出会いました。

こちらが、かぎ針を使って行う引き抜きはぎ。

そしてこちらが、棒針を3本使って行う引き抜きはぎです。

この二つを比較してみると、糸をかける向きが違うような気がする・・・。

と思ったので実際に自分でやってみたところ、同じことでした!(糸をどちらの手で持つかの違いだけだったみたいです。お騒がせしました^^;)

さて、振り出しに戻りました。

ラベリーのニッターさんが言うには、編地の最初と最後をつなぎあわせるために、「3 needle cast on を使う」そうなのですが、それだとガーター部分がつながらないんです。なので、 Cassandra にふさわしいはぎ方を探すことに。

そこで見つけたのが、「ガーターはぎ」と、「裏メリヤスはぎ」なのですが・・・

どっちがいいのか分からない!!

というか、この2つの方法以外にもっといい方法があるのかもしれないけど、それすら思い浮かばない・・・うーん。これは次の編み物教室までお預けですね。先生に聞いたほうが早い気がするw

というわけで、完成はまだまだ先になりそうです。(汗)

あともうちょっとなんだけどな~ ((((((^^;

https://cosythings.introvertful.com/cassandra-06/

↑3年の月日を経て、やっとわかりました!(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。