【フェリシモ】「はじめてさんのきほんのき」を終えての感想と、刺しゅうを始めてみたい方へのアドバイス

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「はじめてさんのきほんのき」刺繍キットを作ってみての感想と、これからやってみようとお考えの方へお伝えしたいこと

フェリシモ、クチュリエの初心者向け刺繍キット、「フェリシモ 22種のステッチをしっかりマスター 刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会、全6回を終えて、今回は今まで作ってきたサンプラーを本に仕立てました。

表紙はこちら。

これまでに覚えたステッチを使って、この表紙にも刺繍をしてみました。

何気に時間がものすごくかかりました(;´Д`)

でも、仕上がりには結構満足しています。色もたくさん使えてうれしい!

そして、1回~6回のサンプラーとこの表紙を縫い合わせたものがこちらです↑

実線で切りっぱなしなので糸くずが出てきやすいとか、布が曲がっているので完璧にまっすぐには縫えなかったなど多少の不満はありますが、このキットの集大成としては上出来かなと思っています^^

こんな感じで本の状態になっています。

後から見返すことができるので重宝しそうです。

裏はこんな感じ。レインボーにしてみました。

キットを完成させての感想や学んだことなど

前回でも少し触れましたが、一番の収穫は、刺しゅうの技術はもちろんのこと、刺しゅうに対する苦手意識を払拭できたということです。

あと、刺繍の楽しさも発見できました!

少しずつ形ができてくるので、その過程を楽しみながら作品を作り上げるという点では、編み物に通じる部分があると感じています。

「はじめてさんのきほんのき」で刺繍を学んでみようとお考えの方へ

私はこのキットを始める前に、刺繍の経験はほとんどないと言ってもよかったのですが(と言うか、やってみようと思ってすぐ挫折したw)、このキットで刺繍が上達したので、はじめて刺しゅうをしてみたいとお考えの方にはお勧めできる商品です。

このキットの特によかった点は

  • 下絵などがすでに描かれているので、すぐに刺繍を始めることができる
  • 既に覚えたステッチを、回をまたいで何度も刺しゅうする機会があるので身につきやすい
  • 使うステッチが指定してあるので、苦手なものも強制的に刺繍する必要がある→使えるステッチが増える
  • 説明書には大きめの写真が載っているので、細かい部分まで見ることができる(自分の刺繍と比較することができる)
  • サンプラーで、自分の刺繍を見返すことができる

などと言ったところでしょうか。

逆に、若干いまいちだったところは

  • 毎回ついてくる針が使いにくかった (*_*;
  • 説明書を読んでもよくわからないステッチが一つあった
  • 裏側の写真がないので、糸がどのようになっているかがわかりにくかった

針については、私が購入したのが10年ほど前なので、未開封ではありましたがその間に劣化してしまったのかもしれません。

ただ、クロバーの針に変えてから刺しやすさやスピードが格段にアップしたので、もし使っていて引っかかりを感じる場合は、いい針に替えることを強くお勧めします。


フェリシモ 金具に糸を引っかけないすぐれもの刺しゅう枠

↑ちなみに刺しゅう枠は、これがすごく気になっています。

金属が外側についているものだと、たまに糸が引っかかるんですよね~。

お持ちでない方はぜひこちらもご検討下さい。

現行のキットとの違いについて

私が今回完成させた「はじめてさんのきほんのき」シリーズですが、なんせ10年ほど前に購入したものなので、現在フェリシモで販売されている物とは少し違うものになっています。

22種類のステッチをマスターできるという点は変わらないのですが、旧バージョンに比べてパワーアップしている点がいくつかありましたので、いくつか書き出したいと思います。

糸の本数を変えて、繰り返し反復練習ができる

旧バージョンの「サンプラー」では、あるステッチを使って1種類の模様を完成させるというものだったのですが、新バージョンでは、糸の本数を1本どりから6本どりまでそれぞれ変えて同じ模様を反復練習します。

糸の本数によって、同じステッチでも見栄えが変わってくるので、例えば自分でオリジナルの図案を刺繍するときに糸を何本取りにするかの参考になりますよね。

これは、一番の改良点だと思いました。

ステッチ以外の、刺繍作品を作る際に必要なことを学べる

ほかにも「図案の写し方」や「接着芯の使い方」など、旧バージョンでは習わなかったことも学べるようです。これって、結構重要なことだと思うのに私は学べなかった・・・(._.)

説明書の枚数も増えていて、より細かな解説が期待できます。

作品の種類が豊富

旧バージョンの作品はドイリーのみでしたが(写真参照)、新バージョンは、巾着やポケットティッシュカバー、ハンカチなど、実用的な作品を作ることができるんです!(いや、ドイリーもかわいいけど、正直あんまり使い道がないんですよねw)

この点も、作った後のことを考えるとすごくいいと思いました。


こんな感じで、現行のキットは私が作った旧バージョンに比べると様々な点で改良がされているので、刺しゅうを始めようとお考えの方はぜひ、参考になさってくださいね^^


フェリシモ 【初回特別価格 6回エントリー】22種のステッチをしっかりマスター 刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会

↑実際のキットや作品の写真については、フェリシモのホームページで確認することができます。

ちなみに2018年12月31日までにこのリンクから注文すると、初回30%オフで購入することができますよ。(463円お得!)

請求は月ごとですが、6か月分全ての会のエントリーなので、途中解約はできませんのでご注意を。


フェリシモ 22種のステッチをしっかりマスター 刺しゅう「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会

↑途中解約の出来る通常版は、こちらから購入できます。

【フェリシモ】初心者がクチュリエの刺繍キット「はじめてさんのきほんのき」に挑戦してみました!
初めて刺しゅうをしてみたら・・・意外と楽しかった!(笑) 先日編み物の本を探していたところ、とっくの昔に捨てたと思...
↑第1回からご覧になりたい方はこちらから!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

(注)旧バージョンにあったラムラローズステッチは新バージョンになく、その代わりに(?)旧バージョンではなかったコーチングステッチを学ぶことができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。