イギリスに持っていく編み物道具。いまさらですが、編み物って少ない道具でできるんですね!

イギリスに行っても編み物をしようと思っています。向こうは編み物が盛んなので、今からイギリスのニッターさんたちと会えるのが楽しみです。コミュ障なのでうまく溶け込めるか心配でもありますがw

さてさて、そんなこんなで渡英準備をしている中で、日本から持っていく編み物道具を決めたのですが、意外と少なくてすむことに感動しました。編み物って、針と毛糸、そして少しの補助的道具があれば一通りのものは作れるんですね!それってすごく素敵なことじゃないですか?

はまり出すにつれて、毛糸の在庫を抱えることは避けられませんが^^;

持っていく物は、毛糸を除いて全てこのオーガナイザー(奥のもの)に入りました。

このポーチ、女らしさが皆無ですが、私は結構気に入っていますw ポケットも多く、収納しやすいんです。

この中に何が入っているかというと・・・

ニットピックスの輪針セット!このケースは、これがぴったり収納できる点も高評価。

ちなみに輪針セットには含まれていなかった号数の針と40cmのケーブルは、別に買い求めました。これだけでほぼ何でも編めると思います。付け替え用の針って、こう言うところがすごく便利。

ほつれ止めは正直こんなに必要ないと思いますがw かぎ針は、両方に針がついていて、この5本で2号から8号まで対応できるものを持って行きます。ピンクの針は、アヴリルで買ったもの。

閉じ針とか、ボタンとか、マチ針とか、マーカーとか・・・。

ブロッキングに使うマチ針は持って行くか迷いました。そもそも使う機会があるのかも怪しいw

でも、この蜂蜜が入っていたビンにぴったりだったので、一応持って行くことに。

ポーチのほうははさみや針が入っているので機内持ち込みにはできませんが、このメジャーと毛糸は手荷物にして、空港の待ち時間などに指編みで編もうと思っています。デンタルフロスは、糸きりのために使用。

やっぱり編み物の道具って、こんなに少なく済ませることができるんですね。特に輪針のコンパクト感は嬉しい!編み物教室に行くときも、このポーチひとつで済ませることができるのは、荷物を極力減らしたい人間にとっては感動的ですらありますw

もっと早く整理しとけばよかった!

イギリスではこの道具たちが私の編み物ライフを助けてくれることでしょう!今から使うのが楽しみです^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。