つま先とかかとを模様編みにした靴下、今度はもうひとつのドイツ式のかかとで編んでみました。

Opal × Regia の糸で、靴下を編んでみました!

ここしばらく続いていた靴下編みもだんだんと回数が減ってきて、これがひとまず最後の靴下になりそうです。

使用糸は KFS の気仙沼カラー、桜です。

この色、ずっと前から気になっていたのですが、今回やっと編むことができました。

つま先とかかとの部分には、以前ドイツで購入した REGIA の赤い糸を使いました。ここで使ったものの残りです。

この毛糸と合わせると、なんだかすごくレトロな組み合わせになりました。

ちょっと思いついて、履き口の部分だけダブルニッティング(袋編み)にしてみようとしたのですが、目数が半分になることをド忘れしていて、履けない靴下になってしまいました(笑)

なので、ほどいて2目ゴム編みに編みなおし・・・。

目数を2倍にしても、袋編みだと伸縮性がないから履き口にはあまり向かないかな?

かかとはいつも通りドイツ式の引き返し編みで編みましたが、前回とは違い、ここで説明している Version 2 の編み方にしてみました。

前回のもの(Version 3)との比較。結構見た目に差があります。

ほぼ同じ編み方ですが、色が違うだけで結構印象も違いました。

おまけ・・・今までに編んできた靴下たち。これだけあれば、しばらくは困らないかな^^;

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

comments

  1. えびしお より:

    初めまして。
    履き心地が良くて可愛い靴下って難しいんですかね…ボックス型のかかとはあまり好きになれず、自分の靴下だけは三角マチ無しで編んでいます。
    赤いかかと可愛いですねー真似させて頂きます♪

    • よもぎ より:

      えびしおさん

      初めまして。コメントありがとうございます!

      ボックス型のかかと、自分サイズに編めば履き心地は抜群ですが、見た目がちょっとごついですよね^^;
      私も引き返し編みで編むかかとのほうが好きです。

      regia の糸は発色が良くて素敵な糸が多いですよね~!
      日本でも Opal と同じくらい一般的になればいいのにと思っています。

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)