軽い食感なのにコクがあっておいしいバタークリームの作り方 (カップケーキの作り方 その6)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

スイスメレンゲを使ったバタークリームの作り方

最高のバタークリーム作りに必要な材料は、

・カルピスバター
・コーンスターチが入っていない粉砂糖

が必要だと、前回までの記事に書きました。

今回は、それらを使ったバタークリームの作り方を(やっと)ご紹介したいと思います!いつも以上に前置きが長くてすみません(汗)すべて説明しなくては気が済まないタイプなんですw

このレシピでは、砂糖と卵白で作ったメレンゲにバターを加えて、バタークリームを作ります。

ただ砂糖にバターを加えるだけのバタークリームより、軽い仕上がりのバタークリームになります。色もより白っぽく仕上がるのも嬉しいです。

で、卵白の入ったバタークリームは私の知る限りでは2種類あって、イタリアンメレンゲのバタークリームと、スイスメレンゲのバタークリームです。

イタリアンメレンゲとは、メレンゲに117℃前後の砂糖でできたシロップを少しずつたらしながら作るメレンゲで、スイスメレンゲは砂糖と卵白をあわせたものを、湯せんで50℃~55℃くらいまで温めて作るメレンゲのことです。

イタリアンメレンゲは、高温のシュガーシロップを入れることで卵白を殺菌しているので日持ちするのですが、ちょっと作るのが難しい・・・。

後日追記:改めて調べたら、シュガーシロップを入れても殺菌作用はないそうです。(私が読んだ本にはそう書いてあった記憶があるので大丈夫だと思い込んでしまったのですが、よく考えればそうですよね^^; )

なので、比較的簡単に作れる、スイスメレンゲを使ったレシピをご紹介したいと思います。(それに、日本の卵は生でも食べられるくらいなので、できるだけ早めに消費すればそんなに神経質にならなくていいと思います。)

用意するもの

ゴムベラはこちらのものを使っています。(2つ目を買ってしまいましたw)

 TC ウィズ シリコンゴムヘラ(大)

以前100均のへらを使って、カラメルを作っていたら、カラメルが狐色になるのと同時に溶けましたw

以来、ちゃんとしたものを使ったほうがいい道具があることに気がつき、通っていたお菓子教室でも使われていたこのゴムべらを購入しました。

ある程度の厚みと弾力があってすごく使いやすいし、もちろん耐熱なので溶けませんww とてもいいでゴムベラですよ!

温度計は、絶対にデジタルのものをおすすめします。ガラス棒の温度計も使ったことがあるのですが、メモリがすごく読みにくいです。

↓こちらは設定した温度になったらアラームで知らせてくれるみたいですね。防滴で多少の水がついても大丈夫のことで、私のより使いやすそう・・・。

防滴クッキング温度計

材料

バターカルピスバター推奨!w)・・・200g
純粉糖(またはオリゴ糖入り粉砂糖。コーンスターチの入っていないもの。)・・・120g
卵白・・・60g

作り方

1.卵白と粉砂糖を泡だて器で混ぜ合わせてから、湯せんか直火にかけ、50℃~55℃になるまでかき混ぜながら温める。
(必ず材料を混ぜ合わせてから熱を加えます。でないと、卵白がはやく固まりはじめてしまうため。)

2.電動ミキサーで泡立てていきます。先ほど温めた温度が下がり、ボールが冷めるくらいの時間が目安です。(この写真はもうちょっと。)

ピン!というよりは、びよーんと伸びる位まで泡立てたら・・・

3.室温に戻したバター(指で押すと簡単にへこむくらいのやわらかさ)を少しずつ加えます。

途中、こんな感じで分離しかけそうになり不安ですが、大丈夫です!

そのまま混ぜ続けると、滑らかなクリームが出来上がります。

これで出来上がりです。後は好みの色に着色したり、きれいな白をそのまま生かして、そのまま使っても十分かわいいですよ。

そして、ぜひすぐに味見してください!!すごくおいしくないですか?(笑)


ところでこのスイスメレンゲを使ったバタークリームですが、保形力があるので、絞り袋を使ったデコレーションに向いています。

逆に言うと、『ニューヨーク仕込みのカップケーキとデコレーション』にでてくる、パレットナイフを使ったデコレーションにはちょっと不向きなんです。(へらでタップするときに、角みたいな形がつきやすいから。)

これはスイスメレンゲのバタークリームで、五月さんのデコレーションを何とかやってみようと思って作ったものですが、そのときはバタークリームを湯せんで少しだけやわらかくして、扱いやすいようにして作りました。(なんとか形になっているでしょうか。)

なので出来ないことはないですが、やはり絞り袋を使ったデコレーションをするほうが簡単に・早く出来ますね^^;

そんなわけで、私のお気に入りのカップケーキの作り方をなんと6回(!)に分けて書いてきました。

とりあえず今回が最後ですが、もっとおいしいカップケーキができたら、またブログでお伝えしたいと思います!

このカップケーキはおいしくて簡単に作れるので、もしカップケーキを作ろうと思っているけどどのレシピを使ったらいいのか迷っている方には本当にオススメのレシピです。

よかったら作ってみて下さいね~^^

ではでは!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

comments

  1. ケロリン より:

    こんにちは。はじめまして。
    最近、カップケーキのバタークリームにデコレーションにハマってる者です。
    いろいろカップケーキ関連の記事をググっていたら、こちらにたどり着きました。
    おいしいカップケーキのための「こだわり」が、とても共感でき、「うんうん」と頷きながら読みましたw
    カルピスバター、美味しいですよね! 私も大好きです。

    私はバタークリームをイタリアンメレンゲのバタークリームで作っています。
    しかし、イタリアンメレンゲのクリームの真っ白な仕上がりや軽い味わいには満足なのですが、あの手間が大変すぎて…
    うちには据え置きのブレンダーが無いので、片手でハンドミキサーを操りつつ、片手で熱いシロップを(細ーい糸状に垂らしながら少しづつ…)ボウルに加えるのがもう…(^^;

    スイスメレンゲのクリームって味や色の白さはどんな感じでしょうか?
    イタリアンメレンゲと同じくらい白く軽く仕上がるならチャレンジしてみたいです。

    • よもぎ より:

      ケロリンさん

      初めまして!コメントありがとうございます^^

      カップケーキの記事はだいぶ前に書いたものなので、
      今読み返すと我ながらなんて熱く語っていたんだろうと思ってしまいました(笑)
      でも、カルピスバターは本当においしいですよね。
      バタークリームのように、バターをほぼそのまま食べるという感じのお菓子にぜひ使いたい
      バターですよね!(理想を言うとすべてのお菓子に使いたいくらいですけど(笑))

      イタリアンメレンゲのバタークリームは、おっしゃる通りめんどくさくてちょっと難しいですよね。
      私は1度しか作ったことがなく、しかもそのクリームはマカロンのフィリングに使ったものなので、
      カップケーキに乗せて大量に食べたことはないんです・・・。
      なので、味の比較ができないのが残念。
      でも、砂糖とバター(と牛乳)を混ぜただけのバタークリームよりは、
      スイスメレンゲで作ったバタークリームは断然軽い食感です。

      また、卵白を使っているので光沢があり、色も白っぽいです。
      (カルピスバターのおかげと言うこともあるのでしょうけど。)
      この点は、イタリアンメレンゲとあまり変わらないのではないでしょうか。

      保存のことを考えたらイタリアンメレンゲが一番いいんですけどね~。
      スイス・イタリアンともに保形性はあるので、絞り出しで形を作るデコレーションに向いていますよね^^

      もし興味を持たれたら、作って比較してみてくださるとうれしいです♪

    • よもぎ より:

      ケロリンさん

      初めまして!コメントありがとうございます^^

      カップケーキの記事はだいぶ前に書いたものなので、
      今読み返すと我ながらなんて熱く語っていたんだろうと思ってしまいました(笑)
      でも、カルピスバターは本当においしいですよね。
      バタークリームのように、バターをほぼそのまま食べるという感じのお菓子にぜひ使いたい
      バターですよね!(理想を言うとすべてのお菓子に使いたいくらいですけど(笑))

      イタリアンメレンゲのバタークリームは、おっしゃる通りめんどくさくてちょっと難しいですよね。
      私は1度しか作ったことがなく、しかもそのクリームはマカロンのフィリングに使ったものなので、
      カップケーキに乗せて大量に食べたことはないんです・・・。
      なので、味の比較ができないのが残念。
      でも、砂糖とバター(と牛乳)を混ぜただけのバタークリームよりは、
      スイスメレンゲで作ったバタークリームは断然軽い食感です。

      また、卵白を使っているので光沢があり、色も白っぽいです。
      (カルピスバターのおかげと言うこともあるのでしょうけど。)
      この点は、イタリアンメレンゲとあまり変わらないのではないでしょうか。

      保存のことを考えたらイタリアンメレンゲが一番いいんですけどね~。
      スイス・イタリアンともに保形性はあるので、絞り出しで形を作るデコレーションに向いていますよね^^

      もし興味を持たれたら、作って比較してみてくださるとうれしいです♪

      • ケロリン より:

        よもぎさん、返信ありがとうございます!
        お礼のお返事に時間がかかってしまってごめんない。

        スイスメレンゲも軽い食感とのこと! それは一度試してみようと思います。
        デコったカップケーキはだいたいすぐ食べてしまうので、保存は二の次。
        やはり、味と保形性と色ですね。
        スイスメレンゲなら、ちょっと楽になりそう…。

        イースターのカップケーキに、バタークリームでウサギをデコろうと思ってます。
        やっぱり白いウサギがいいですから…。
        ご意見、ありがとうございました!

        • よもぎ より:

          ケロリンさん

          ご丁寧にありがとうございます。

          イースターのカップケーキ、私も作りた~い!!
          動物をデコるのは難易度が高そう・・・。
          でも面白そうです!

          バタークリームと言ったらどっしりとしたイメージを抱いていたのですが、
          このスイスメレンゲを使ったバタークリームを知ってからは、それまでのイメージが覆されました(笑)
          ぜひ、作ってみてくださいね!

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。