トップダウンで編むラグランセーター3作目:今回は細かい部分をいろいろと変えて編んでみました!

トップダウンで編むラグランセーター、3着目です。

まだまだ検証中なので単なるメリヤス編みのシンプルなセーターに見えますが、編み方を少しだけ変えたりしています。

前回と変えた点は主に3つです。

1つ目は、ラグラン線の部分の編み方を KFB ではなくM1L, M1R にしました。

これは、KFBの増やし目の編み方でラグラン線を2目立てる場合、増やし目をするたびにマーカーの位置をずらさなくてはならないのがめんどくさい&ややこしいからです。

↑前回編んだものとの比較。向かって右が KFB で編んだもの、左が M1L (R) です。

正直見た目はそこまで変わらないと思いますが、しいて言えば M1L(R) のほうがラグラン線が立っている気がします。

2つ目の変更点は、作り目の方法を変えたところです。

ネック周りの作り目は「指でかける作り目」から「別鎖の作り目」に、脇下の Underarm Stitches は、「巻き増し目」からこちらも「別鎖の作り目」に変更しました。

ネック周りを形作りながら編むときは、どちらの方法を使っても逆方向に拾い目をすることには変わらないのですが、別鎖の作り目で始めると、ほどくだけで目が現れるので、拾う位置を気にしながら拾い目をする必要がなくていいです。

また、拾い目で生じる「すじ」みたいなのができないので、身頃とゴム編みの境目部分が若干すっきりした感じになります。

脇下の拾い目も同様、ごろごろしません。(まさに、本当の”シームレス”のようです。)

別鎖の作り目は、はじめは少しめんどくさいですが、こういうメリットがあるので私は好きです。

そして最後の変更点は、袖を輪編みにしたこと!

今までは平編みで編んで、端をすくいとじで綴じていたのですが、思い立って輪編みで編んでみたところ、こちらのほうが簡単でごろごろしなくていいかも。(せっかくシームレスセーターを編んでいるのだし。)

短い輪針を持っていないので、マジックループで編むのが少し煩わしかったりしますが、それでも輪編みのほうがやり易いです。

間違えた時に解いて編みなおしやすいですしね。(最初のセーターでは、綴じた後に間違いを発見して戻るのに苦労しました^^;)

そんな感じで完成したセーターのブロッキング前の状態がこちら。やはり横幅が少し大きめです。

これを、↑こんな感じでブロッキングすると・・・(無理矢理ツッパリ棒につるしています^^;)

↑こうなりました!

やはりブロッキングをすると大きさが少し変わりますね。編地も落ち着きます。


今回の編み方が、自分の中でのラグランセーターのスタンダードな編み方になったので、これ以降はこの編み方をもとにして、模様編みを施したセーターを編んでみることにしました。

と言うことで、次回はそちらをご紹介したいと思います!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。