ブリオッシュ編み(イギリスゴム編み)のネックウォーマー再び。今回は長めのものを編んでみました

前々回にご紹介した、ブリオッシュ編みのネックウォーマーの色違いを編み上げました。

ブリオッシュ編み (Brioche knitting/イギリスゴム編み) のネックウォーマーを編みました
オカダヤのオリジナル毛糸で編んだブリオッシュ編みのネックウォーマー ブリオッシュ編みのネックウォーマーを編みました...

前回のものは作り目100目でしたが、今回は倍の200目。段数はこちらのほうが少し少なめです。

この長さ(18×80㎝)だと、ネックウォーマーじゃなくてスヌード?ネックウォーマー、カウル、スヌードの違いがいまいちよく分かっていませんw

ブリオッシュ編みは表と裏を1回ずつ編むという感じなので、段数がなかなか増えないんですよ~!(上手く説明できないのですが、編むのに時間がかかる。)

なのでこの長さは、完成するころには飽きてしまいましたが、毛糸の使用量が多い分、普通のマフラーに比べてかなり暖かいです!

実は今回、伏せ止めをしているときに、かなり下の段で間違いを発見 ( ゚Д゚)

しかしブリオッシュ編みも、通常の棒針編みのようにあとから修正が効きます。

問題のポイントまでほどいて、目を一つずつ拾って行ったら・・・

元通りに!

モヘアだから、毛が絡み合ってほどけにくかったのが良くも悪くもありました^^;

今回も、前回と同じくオカダヤのオリジナル毛糸、フラッフィーモヘアのローズグレーと、メリノウールDK の萌黄を使用しました。

モヘアは3玉弱、メリノウールは2玉弱消費。中途半端に余ってしまった・・・。

編んでいる途中はちょっと地味すぎたかな~と思いましたが、出来上がって着用してみると、意外と馴染んだ感じになりました。

ただ、2重に巻くとちょっと大雑把な感じがしなくもない。繊細さを出したかったら、4plyの毛糸で編んだほうがいいかもしれません。

それでも色の組み合わせは前回の白系のほうが好きです。長さが中途半端だったので微妙に使いにくいので、次に作るときはもう少し短めに作ると思います。

ボリュームを出したいときや暖かくしたいときは、今回の長さは大成功でした。

ブリオッシュ編みのネックウォーマー(スヌード)の編み方【動画あり】
ブリオッシュ編みのネックウォーマーの編み方を、写真と動画で解説します。 以前ご紹介したブリオッシュ編み(イギリスゴ...

↑編み方を解説した記事を書いたので、編んでみたい方はこちらを参考にしてください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

comments

  1. とも より:

    こんにちは(╹◡╹)
    少し前の記事でもしできたらお聞きしたいことがあります。
    2月14日のゴム編みの作り目なのですが、いま端の3目が表、終わりの3目も表で終わるという編み図をやっているのですが、よもぎさんのやりかたでやりたいとしたらどうにかしてできると思いますか?
    どうぞよろしくお願いしますm(__)m
    (自分ではどうしても分かりません)

    • よもぎ より:

      ともさん

      コメントありがとうございます。

      指でかける「両端が表目3目のゴム編みの作り目」、私もやってみたことがなかったので調べて実際に編んで・・・
      みようとしたのですが、仕組みが複雑で、私の能力では理解できませんでした~。
      お力になれず、ごめんなさい(>_<) 左端や右端を3目にする方法はあるので、組み合わせたら理論的にはできるのではないかと思うのですが・・・。 ちなみに、別鎖の作り目で両端を表目3目にすることは可能でした。 右、左の両方を表目3目にする方法が 基礎シリース゛新・棒針あみ改訂版 (ヴォーグ基礎シリーズ) と言う本に載っているので、その方法を両方用いて
      両端を表目3目にする感じです。

      こちらは簡単にできるし、見た目もきれいなので、もしこちらの方法でもよかったら検討してみてくださいね!
      自分でも勉強になったので、いつか気付いたことなどについて補足記事を書きたいと思います。

      興味深いご質問、どうもありがとうございました~^^

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)