別鎖の作り目で作る、2目ゴム編みの作り目とゴム編み止めの方法(両端の3目が表目)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

別鎖を使った2目ゴム編みの作り目の応用(両端が表目3目)

先日、コメントでゴム編みの作り目についてのご質問をいただきました。

指でかけるゴム編みの作り目で、両端が表目3目の作り目をする方法を知りたいとのことだったのですが、残念ながら私の能力では理解できませんでした (泣)

編み物本には左・右の端がそれぞれ表目3目になるような作り目の方法が載っているので、両方を組み合わせたら編めるのかもしれないのですが・・・。(ご存知の方いらっしゃったら教えていただけると嬉しいです。)

そんな、指でかける作り目では難しそうな「両端が表目3目の作り目」ですが、別鎖でつくるゴム編みの作り目の方法だと、きれいに、しかも簡単に編むことができたので、やり方をここにメモしておきたいと思います。

別鎖で作る2目ゴム編みの作り目の応用で作ります。写真は別鎖の裏山から目を拾って、メリヤス編みを3段編んだところ。ここは他の別鎖のゴム編みの作り目と同じです。

別鎖の作り目を利用した2目ゴム編みは、本や動画によって微妙にやり方が違うのですが、私のおすすめはこちらの、ハマナカさんの動画です↓

また、片側3目を表目に編む方法は、基礎シリース゛新・棒針あみ改訂版 (ヴォーグ基礎シリーズ) と言う本を参考にしました。

両端を表目3目ずつにする方法は、

1.針にかかっている最初の目を右針に移し(浮き目)、次にシンカーループ(この場合はマーカーにかかっている目)を左針に取り、右に移しておいた目を左に戻して2つの目を裏目の2目一度で編みます。

2.次の目も1と同様に、裏目を右針に移してシンカーループを拾い、裏目を左針に戻して2目一度。

3.次に、左針にかかっている目を1目、裏編みで編みます。(これが、表から見ると表目3目になる。)

4.シンカーループ(渡り糸)を2目連続で表目に編みます。(写真)

5.左針にかかっている目を2目連続で裏編にします。

最後3目になるまで4と5を繰り返します。(この辺は動画と同じ編み方なので、動画を参考にするのがわかりやすいと思います。)

最後の3目まで来たら、1で行ったことの反対を再び行います。

裏目を1目編み、次に隣の目を右針に移し、すくったシンカーループと一緒に裏目の2目一度。最後の目も同様に2目一度行います。

これで、両端3目が表目の2目ゴム編みが完成です。

難しそうに見えますが、両端の2目を、それぞれの目と対応するシンカーループと2目一度すればいいだけなので、簡単ですね。

編んでいくうちに気付くことかもしれませんが、シンカーループは表目を、左針にかかっている目は裏編で編むと、始まりの段がきれいな見た目になるので、このことを覚えておくと便利だと思います。(この編み方を応用すると、3×3のゴム編みも編むことができます。)

また、別鎖はこの時点で解いてしまって大丈夫です。

2目ゴム編み止め(両端が表目3目の場合)

両端が表目3目の2目ゴム編み止めの動きは、基本的には2目ゴム編み止めの場合と同じです。

ただ、最初と最後だけ表目が3目になっているので、1目目の目の向きを変え、2目目を1目目の上に重ねて表目が2目並ぶように位置を変えます。

後は、2目一度の要領と同じです。

詳しいやり方は本に載っているので、そちらを参考になさってくださいね。

両端が表目3目である利点

編んでみて思ったのは、両端を表目3目にすることで、両端が表目2目の編地と比べてそれぞれの編み目の幅が一定になるんだなということ。

写真向かって左の編地は、両端が表目3目・あとは2目ずつのゴム編みで、右は表表・裏裏・・・と全て2目ずつのゴム編みです。

端目はどうしても隠れがちなので、両端の2目の幅が、他の場所の2目に比べて狭い感じがするんですよね。

その点、端が3目の編地は、すべての幅が均一に見えます。

表目3目は端を綴じるときにすることがありますが、編みっぱなしの場合にも有効だな~と思いました。

指でかけるゴム編みの作り目と、別鎖のゴム編みの作り目の違い

指で作るゴム編みの作り目を以前ご紹介したことがあります。

簡単なゴム編みの作り目の方法ー私はこれで、指でかけるゴム編みの作り目(平編み・輪編み)をマスターしました!
ゴム編みの作り目の方法について ゴム編みの作り目は、私が知る限り2種類あります。 1つは指で直接ゴム編みの模...

個人的にはそちらのほうが別鎖を編む手間がなくて好きなのですが、何か違いがあるのかと思い、両方編んでみて比較してみました。

上の写真は作り目の比較ですが、見た目にはそれほど大きな違いがありません。

今回参考にした本によると、指でかけるゴム編みの作り目のほうが、別鎖の作り目より伸縮性があるのでセーターやカーディガンの裾に向いていると書いてありました。

これは確かに、写真は上が別鎖、下が指でかける作り目ですが、指でかける作り目のほうが良く伸びました。

6㎝程の編地で1.5㎝程の差が出たので、ウェアなどのサイズだとはっきりと差が出るかもしれないですね。

ちなみに今回大変参考になった本はこちらです↓

この本、今回疑問に思ったことのように、微妙な編み方の違いのバリエーションが豊富で、大きく分かりやすい図で解説してあるので、分からないことが出てくると、いつもこの本で確認しています。

まったくの初心者の方にはオススメできないのですが、ある程度経験や知識があって、もう少し踏み込んだことを知りたい!と言う方にはすごく参考になる本です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。