【リサイクル毛糸④】毛100パーセント、2本どりのセーターを毛糸玉にする

毛100%はやっぱりいい!

リサイクル毛糸をつくる試み、4回目です。

リサイクル毛糸についてはこちらから↓

【リサイクル毛糸①】既製品のニットをほどいて、毛糸玉にしてみました。方法や感想など
毛糸をリサイクルするという発想 上の写真は、既製品のセーターをほどいて洗い、糸玉に巻き直した毛糸です。 毛糸...

今回使用したセーターは、毛100%のセーターです。

結構有名なブランドのセーターだからか、仕立てがしっかりとしていているおかげで解くのも簡単でした。

綴じの分の糸ですが、たったこれだけの糸ですべてのパーツがほどけました。

解く方向を見極めることができると、糸を引っ張るだけで勝手にほどけてくれます。(これが結構快感!(笑))

編地をほぼ無駄にせずに解体できたことは、だんだんコツをつかんできたかな?という証でしょうか^^

かせにするときも、前回までは椅子の背を使って行っていたのですが、今回はピアノの椅子にぐるぐると一周巻き付けて行う方法に変更しました。

すると、湯洗いしたときに毛糸の長さがちょうどいい感じになったので、次からもこの方法で行こうと思います。

(本当はかせくり器があればいいのだけれど・・・^^;)

湯洗い後の状態がこちら。同じ毛100%でもオレンジの毛糸の時と違い、完全にまっすぐにはならない部分がありましたが、これは縄編みで編まれていた部分かな~と推測。

また、このニットは2本取りで編まれていました。

最終的に、毛糸玉4個分取れました。

このうちの1つ分だけ1本どりに巻き直しましたが、これが結構大変でした^^;

やっぱり毛100%はふっくらしていて素敵です。

太さ的にはオレンジの毛糸とほぼ同じなので、またショールかなにかを編もうかなと考えています・・・

が、それでも大量に余ること間違いなしなので、2本、3本取りで何を編もうか考え中です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。