【リサイクル毛糸②】今度はアルパカ100%のセーターをほどいて、毛糸にしたのですが・・・

アルパカ100%のセーターを糸に戻す作業・・・前回とは少し勝手が違いました

既製品のセーターをほどいて糸に戻す作業、2回目です。

【リサイクル毛糸①】既製品のニットをほどいて、毛糸玉にしてみました。方法や感想など
毛糸をリサイクルするという発想 上の写真は、既製品のセーターをほどいて洗い、糸玉に巻き直した毛糸です。 毛糸...

今回ゲットしたのは、こちらのセーター。

素材はアルパカ100%

穴が2か所開いていましたが、ほどいて使うだけので問題なしです。

このセーター、毎月29日に行われるブックオフのセールで100円だったのですが、元の値段が1980円って・・・穴が開いてるのに強気すぎませんか?w


糸に戻す作業ですが、まずは前回同様、慎重にすくいとじ部分をほどいていきます。

前回は見ごろの糸まで一緒に切ってしまったりしたのですが、なんとなくコツがわかってきました (‘ω’)ノ

カットしていく方向を見極めることができると、糸を引っ張るだけでするするっとほどけていくのが快感です(笑)

かせにして洗い、乾かした状態がこちら。

前回と違い、完全にはまっすぐにはなりませんでした。(なんでだろう?)あと、色落ちも結構しました。

Vネックのセーターだったので長い糸をとれる部分が少なかったのと、ご覧のように糸がこんがらがってしまい、1玉分(100g弱)しかとれませんでした(>_<)

かせを片手に持って、玉巻器で巻き巻きしたのですが、非常にやりにくい!

私のようにかせくり器を持っていない方は、昔ながらの方法で誰かに手に持っていてもらうと、作業効率がかなりアップします。


アルパカ100%だから結構期待したのですが、糸に戻すと編み癖が完全に取れていなくてちょっと残念。編地をブロッキングしたら気にならなくなるかな?

糸も前回のものよりさらに細いので、何かを編むにしても2本どりにして編むのがベストかと思っています。

【Ravelry】アルパカ100%のリサイクル毛糸で "Liquid Silver" と言うショールを編みました
既製品のセーターをほどいてできた糸を使って、ラベリーのフリーパターンより "Liquid Silver" と言う...

↑追記:この毛糸を使ってショールを編みました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。