ユザワヤのフリーソックで編んだ、ドイツ式のかかとの靴下・第二弾!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ユザワヤの FREE SOCK で編む靴下。 かかとはドイツ式引き返し編み(Version 3)です!

前回の靴下に引き続き、ユザワヤのオリジナル毛糸「フリーソック」を使って靴下を編みました。

編み方は前回と同様つま先から編む Toe-up Socks で、かかとだけ別のドイツ式の編み方をしました。↓こちらの記事の Version 3 の編み方です。

ドイツ式引き返し編み(German Short Row)で編む靴下のかかとのバリエーションを比較してみました
かかと編みにおけるドイツ式引き返し編みの3つのバリエーション 前回はドイツ式引き返し編みの概要についての説明をしま...

今回は、つま先、かかと、履き口の部分を Opal の毛糸で編んでみたのですが、太さなどはほぼ同じだったので、仕上がりに問題はありませんでした。

ところでこのフリーソックと言う糸、糸玉の中から糸を引き出すのがとても難しい糸でした(笑)

中から引き出そうとすると、このような塊となって出てくるのですが、糸端がなかなか見つからず(*_*;

前回使用した糸もこんな感じになってしまったので、こういう仕様なんですかね^^;

この絡まりをほぐすのには結構時間がかかるので、ここはおとなしく外側から使ったほうが賢いかもしれませんね。

フリーソックに入っている黒と Opal の黒がいい感じに似ていたので、つま先の部分に黒をもってきてグラデーションになるような感じにしました。

ちなみにつま先は片側14目からスタートして30目まで増やし目(全体で60目)、その後 body →heel→leg→cuff の順に編んでいきます。

かかとの部分、色を変えるときは元の糸は切らずに休ませておき、かかとを編み上げた後またこの糸に戻って編んでいきます。

編みあがり、ブロッキング前の状態がこちら。

かかとの部分のアップ。前回のドイツ式のかかと(Version 2)に比べると、だいぶすっきりして見えます。(色が黒だからと言う理由もあるけど・・・。)

やっぱりこの編み方が一番簡単だし見た目もきれいなのですが、唯一の欠点は、穴を埋めるために、角のところで拾い目+2目一度をしなくてはいけない所かな~。

なんとなく無理矢理感があって、個人的にはあまり楽しくない編み方です(笑)

このフリーソックの色と柄は、前回のものよりカラフルで好きです。

Opal の発色の良さと柄の緻密さとかと比べてしまうと正直アレですが、これはこれで悪くない感じがします。

お値段も Opal に比べてお手頃なので、靴下編みを練習してみたという方にとっても、もってこいの糸だと思いました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

share your thoughts: コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。